自転車の廃棄の仕方と注意点

自転車の廃棄の仕方と注意点

不用になった自転車は持ち主にとって粗大ゴミです。
廃棄の仕方には様々な方法があります。
まず、市が行っている回収サービスがあります。
事前に連絡をしたり回収日が決まっていたりしますが、民間の不用品回収業者に頼むよりも費用が安く済みます。
さらに費用を安く済ませる方法として、自分で処分場に持って行くという手段があります。
この場合、持ち込んだものの重さで処分費用が決まるため回収に来て貰うよりも費用がかかりません。
回収の日時を自由に指定したい場合は、不要品回収業者に依頼するのが便利です。
自分の都合の良い時に回収しに来て貰えるため手軽に自転車を廃棄することができます。
しかし、不要品回収業者に処分を頼む時の注意点として、業者選びに気を付ける必要があります。
悪質な業者だった場合、廃棄するために回収して貰った自転車が転売されてしまう可能性があるのです。
その結果トラブルに巻き込まれてしまうこともあるので、廃棄する際は信頼できる方法で行って下さい。

自転車をリサイクルで購入しよう

車に代わる乗り物として、自転車が注目されています。
料金、維持費、気軽さなど、大人の利用者が増えているようです。
自転車に乗る事で、通勤の利便性から体に良い運動になります。
また、遠方に出かけて気分がリフレッシュするなど、趣味としてもオススメです。
ファミリータイプからロードバイク、クロスバイクなど、種類が豊富なのも魅力です。
しかし、通勤用などで使う程度なら少しでも安く購入をしてみましょう。
自転車屋には、新品以外にリサイクル商品として中古品も販売されています。
中古品は、使われていたモノを整備、手入れをして再利用しています。
新品に比べて、料金が半額程度で購入できるため希望する人もいます。
専門店以外では、リサイクルショップで販売されているケースがあります。
子供用を購入する家庭も多く、電動式タイプまで揃う店舗もあります。
また、市が駅前などに放置されて引き取り手のない自転車を、安く販売するケースもあります。
程度の良い商品もあるので、興味がある人は市に問い合わせてみましょう。

Favorite

2016/11/18 更新